株式会社AIIM JAPAN|回診用X線装置, 被曝低減のX線(X-ray)グリッド,FPD(フラットパネルディテクタ),胸部X線(レントゲン)装置, 医療機器,医療用具の株式会社AIIM JAPAN

回診用X線装置, 被曝低減のX線(X-ray)グリッド,FPD(フラットパネルディテクタ),胸部X線(レントゲン)装置, 医療機器,医療用具の株式会社AIIM JAPAN
  • お問い合わせは03-6273-4035まで
回診用X線装置, 被曝低減のX線(X-ray)グリッド,FPD(フラットパネルディテクタ),胸部X線(レントゲン)装置
サイト内検索
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
rss
  • FPDシステム「T-WALKER α(アルファ)EX+D1」
  • 導入事例・FPDシステム「T-WALKER α(アルファ)EX+D1」
  • FPDシステム「T-WALKER α(アルファ)EX+D1」

デジタル回診用X線撮影装置「T-WALKERαEX+D1」

放射線科専門医が開発した、現場ニーズに対応した低被曝線量製品「T-WALKERαEX+D1」

昨今、X線撮影診断に注目が集まっています。今までは診断・診療の為と割り切っていた「被曝」に対し患者様が非常に敏感になっております。
そこで、今までの高出力・短時間撮影= 画質重視・高性能という常識を見直し最小の被曝で最大の効果を出すX線撮影装置が求められております。
AIIM JAPAN はこの問題に「最小限の出力・最大限の透過効率・高画質デジタル」のダイレクトデジタルシステムをご提案致します。
今までの撮影方式で問題となっていた散乱線の除去のためにグリッドによる透過効率の低下を抜本的に改善し、ダイレクトデジタル化することで最大限の低線量化・低被曝化を実現しました。
そして、撮影直後の画像確認・診断のスピード化・付帯設備不要の省スペース化までも可能にしたのがデジタル回診用X線撮影装置「T-WALKERαEX+D1」 なのです。


撮影後3秒で画像表示、その場で画像確認!!作業工程と時間を大幅短縮!

リアルタイムな画像確認が可能

従来のアナログ撮影・イメージンプレート撮影では、現場作業やスキャニング工程を完了しなければ撮影画像の確認が出来ませんでしたが、デジタルFPD撮影は撮影直後、すぐにその場での画像確認を可能にしました。

また、消耗品管理や現像装置メンテナンスなど日常の煩雑な業務が一切必要なくなります。

撮影後3秒で画像表示、その場で画像確認!!作業工程と時間を大幅短縮!


業界最小・最軽量!!ベッド周りも小回り自由自在!

多目的な撮影能力と柔軟な機動性を実現

軽量、コンパクト、コードレス化で様々な撮影環境に対応すべく、最適な出力による高画質を可能にしました。

コードレスでの撮影が可能なDC(バッテリー)とAC(AC100Vコンセント)の両方式を可能にした「ハイブリッド電源(2電源装備)」を標準搭載し、緊急時の突発的な撮影要請にも常に対応可能です。

業界最小・最軽量!!ベッド周りも小回り自由自在!


低被曝撮影と高画質を同時に実現! 

被曝線量30%削減(当社測定値)

従来のフィルムカセッテと同じ14×17インチサイズを採用し、いつも通りの使用感でデジタルFPD撮影が可能に。

被曝を心配している方にも安心して受けて頂けるように最適な出力による低被曝線量・高画質撮影を実現しました。

低被曝撮影と高画質を同時に実現!


このページの最上部へ戻る